ipod_468-60.gif

2006年05月27日

アンジェラ・アキ「Home」

アンジェラ・アキ 待望のデビュー・アルバム!
日本とアメリカ。ダブルスタンダードを持つ、個性派シンガーソングライター、アンジェラ・アキ。
2005年9月『HOME』でメジャー・デビューし、続く『心の戦士』はオリコン13位、3月15日に発売された「FINALFANTASYXII」挿入歌の『KissMeGood-Bye』もオリコン6位を記録するなど、デビュー以来スマッシュヒットを連続している。
上記シングル3曲の他、5月31日に発売されるニューシングル『This Love』、インディーズミニアルバム『ONE』収録の名曲『Rain』リアレンジバージョンなど13曲を収録。卓越した存在感のあるヴォーカル。そしてダイナミックなピアノプレイ。聴かずにはいられないアルバムです。
さらに初回生産限定盤には、豪華収録内容のDVDを付加。シングル4曲(『HOME』『心の戦士』『Kiss Me Good-Bye』『This Love』)のミュージックビデオの他、初収録となる「ファイナル・ファンタジーXII・コンプリート・ムービー Final Edition-」、5/7に行われた「BLOOD+・アニメ・フェス」での『This Love』のライブパフォーマンスを完全収録しています!
Home (初回限定盤)(DVD付)
アンジェラ・アキ 松岡モトキ
ERJ (2006/06/14)


アンジェラ・アキ関連ブログ
Home (初回限定盤)(DVD付) [Limited Edition] Momonga
アンジェラ・アキの人気情報(レビュー・感想付き) CD最新商品
アンジェラ・アキ ちろりあんブログ
音楽。 アートの予感・・・・・・・・・・・・・・・・・的中☆
posted by ROCK番長 at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 邦楽(女性ソロ)

2006年05月21日

ケツメイシ「旅人」

15枚目のシングルは、哀愁迫りくるロマンティックな幕開け。新しい自分をつかむための旅立ちや、心を開放していくことは、その人自身を成長させる大切な儀式。強い信念を、優しくも浮遊感を持ったソフィスティケイテッドな音景色に乗せ、しっかりと伝えている。
旅人
旅人
posted with amazlet on 06.05.21
ケツメイシ
トイズファクトリー (2006/04/26)


ケツメイシ「旅人」を扱ってるブログ
旅人(たびうど) step up
旅人 ケツメイシ PV プロモ 動画 映像 ♪musicsearch♪ミュージックサーチ♪
ケツメイシ好きやねんvV プージャ オレンジ×紺
今宵の一曲 ひとりごとの詩
旅人・ケツメイシ? ぼちぼち EVERYDAY
posted by ROCK番長 at 02:03 | Comment(0) | TrackBack(1) | 邦楽(男性グループ)

2006年05月19日

レミオロメン「HORIZON」

ヒットシングル「蒼の世界」「粉雪」「太陽の下」、アルバムリード曲「スタンドバイミー」含む全12曲収録予定。

2nd アルバム『ether[エーテル]』より1年2カ月振りとなる待望のニューアルバムのリリースが決定。前作において、3ピース・ロックバンドという形態に固執せず、ストリングスや鍵盤を大胆にも導入し、バラエティー豊かなアレンジを施し覚醒したレミオロメンの、更なるスケール感とサウンドバリエーションが凝縮された最高傑作。 アルバムタイトルの『HORIZON』には、地平線 水平線といった本来の意味だけではなく、このアルバムで自らの限界を超えていくという彼らの強い意思が込められている。大ヒットシングル「蒼の世界」「粉雪」「太陽の下」3作(全てオリコン最高位2位を記録)を収録。

期間限定HORIZONスペシャルWEBサイトアクセスIDナンバー封入
購入者対象で期間限定(発売日~5月31日)でレミオロメンスペシャル映像をWEB上で公開!(秘蔵映像満載)
※初回盤・通常盤共通の施策となります。
HORIZON
HORIZON
posted with amazlet on 06.05.19
レミオロメン 藤巻亮太 小林武史
ビクターエンタテインメント (2006/05/17)

posted by ROCK番長 at 23:37 | Comment(0) | TrackBack(1) | 邦楽(男性グループ)

2006年05月15日

BONNIE PINK「LOVE IS BUBBLE」

この春、超話題の映画『嫌われ松子の一生』(全国東宝系2006/5/27(土)公開)にBONNIE PINKが出演!
ナヤマシイ歌詞とメロディーにブラスアレンジが絡み合う、今まで無かったBONNIE PINKの新世界!

映画『下妻物語』の中島哲也監督待望の最新作『嫌われ松子の一生』にBONNIE PINKが出演!(映画初出演にしてソープ嬢役!)
彼女が劇中にてショーガールに扮して歌う、この映画のテーマソングが「LOVE IS BUBBLE」!!!!!
ミックス・エンジニアとして盟友トーレ・ヨハンソンが参加。
またc/wには2005年9月に行った自身の10周年を記念したスペシャルイベントから貴重なライブ音源2曲を収録。

「LOVE IS BUBBLE」 映画『嫌われ松子の一生』テーマソング
LOVE IS BUBBLE
LOVE IS BUBBLE
posted with amazlet on 06.05.15
BONNIE PINK Youichi Murata
ワーナーミュージック・ジャパン (2006/05/10)

posted by ROCK番長 at 23:42 | Comment(1) | TrackBack(2) | 邦楽(女性ソロ)

2006年05月14日

Red Hot Chili Peppers「Stadium Arcadium」

リック・ルービンをプロデューサーに迎えた9枚目のオリジナル・ニュー・アルバムは初の2枚組。レコーディングされた38曲から28曲に厳選した楽曲を2枚組として、リリース。
1stシングル「ダニー・カリフォルニア」はミディアム・テンポでメロディックな強力なファンク・ナンバー。その他にもアップ・テンポでポジティブなファンクなナンバーが目立つ。バンドの状態が非常に良いことがこれらの楽曲を聴くと良く分かる。ファンク色が強いのがこのアルバムの特色のひとつと言えるだろう。
その他にも、ジョンのギター・ソロが強力にフィーチャーされていることも、今作のもうひとつの特色である。
Stadium Arcadium
Stadium Arcadium
posted with amazlet on 06.05.14
Red Hot Chili Peppers
Warner Bros. (2006/05/09)

posted by ROCK番長 at 02:57 | Comment(0) | TrackBack(1) | 洋楽(男性グループ)

2006年05月07日

フィーチャリング・スティーヴィー・ワンダー・アンド・ザ・キャスト・オブ・レント

1996年1月25日にオフ・ブロードウェイで開幕したミュージカル『レント』は大好評を博し、その後ブロードウェイに進出、さらに評判を呼んだ。プッチーニのオペラ『ラ・ボエーム』の舞台を現代のニューヨークに移し変えたのがこの作品。エイズ、ホームレス、麻薬といった現代の諸問題を扱うとともに、若者たちの愛と友情を描いた作品だ。96年にはピューリッツァー賞(ドラマ部門)とトニー賞(最優秀作品賞・音楽賞・脚本賞・助演男優賞)を受賞するなど、賞を総なめにした話題のミュージカルである。脚本・作詞・作曲を担当したのはジョナサン・ラーソン。彼は開幕直前に動脈瘤破裂のため35歳で他界した。本作はそのオリジナル・ブロードウェイ・キャスト盤。2枚組全43曲入り。ミュージカルの中で歌われる全曲が収録されているほか、最後の曲はスティーヴィ・ワンダーの歌が加わるスペシャル版。“90年代の『ヘアー』”といわれるだけあって、この作品ではロック、ポップス、タンゴなどがふんだんに使われているので、音楽だけでも十分に楽しめる
レント
レント
posted with amazlet on 06.05.07
フィーチャリング・スティーヴィー・ワンダー・アンド・ザ・キャスト・オブ・レント
ユニバーサルインターナショナル (1996/11/21)
売り上げランキング: 32,901
おすすめ度の平均: 5
5 映像がなくても.......。

posted by ROCK番長 at 17:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | オムニバス

2006年05月06日

Sowelu「Dear friend」

デビュー5年目の節目にもなるシングルはフジテレビ月9ドラマ『トップキャスター』主題歌にもなった 『Dear friend』。女の子同士の友情をテーマにした、Sowelu史上もっとも軽快なポップナンバー
Dear friend
Dear friend
posted with amazlet on 06.05.06
Sowelu Yoshihiko Nishio L.O.E. Tamaki Mori
DefSTAR RECORDS (2006/05/10)

posted by ROCK番長 at 23:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 邦楽(女性ソロ)

2006年05月04日

湘南乃風[純恋歌]

4人組MCユニットの5thシングル。タイトル曲は等身大の不器用な思いを綴ったラブ・ソング。レゲエ、R&Bを基調にした壮大な楽曲だ。カップリングはジャマイカ・レコーディングの熱いダンスホール・レゲエとなっている。
純恋歌
純恋歌
posted with amazlet on 06.05.04
湘南乃風 Soundbreakerz
トイズファクトリー (2006/03/08)

posted by ROCK番長 at 13:20 | Comment(0) | TrackBack(1) | 邦楽(男性グループ)

2006年05月02日

DJ KAORI×BLENDA ガールズ・ナイト・アウト

2006年4月に初めてのライヴ&ファッション・イヴェントを行なう女性ファッション誌『BLENDA』とのタイアップCD。雑誌の読者層をターゲットにしたタイアップCD。プロデュース、選曲はDJ KAORIが担当。
DJ KAORI×BLENDA ガールズ・ナイト・アウト(初回限定盤)
オムニバス ザ・ブラン・ニュー・ヘヴィーズ ソウル・2・ソウル ボビー・ブラウン ガイ テディ・ライリー・フィーチャリング・タミー・ルーカス サウンズ・オブ・ブラックネス
ユニバーサルインターナショナル (2006/03/29)

posted by ROCK番長 at 00:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | オムニバス

2006年05月01日

ジェイムス・ブラント「バック・トゥ・ベッドラム」

数々のビッグ・ネームを抑え、デビュー・アルバムが2005年イギリス最大のヒット・アルバムに!イギリスの吟遊詩人にして、稀代のメロディー・メーカー、ジェイムス・ブラント、いよいよ日本デビュー!2004年10月のデビュー以来、彼の音楽は静かに、しかし熱く、UK音楽シーンに深く浸透。遂には2005年7月、本デビュー・アルバムとセカンド・シングル「ユア・ビューティフル」が全英アルバム&シングル・チャートで、同時にNo.1に輝くという快挙を成し遂げた。そして、その記録は、実に6週もの間続くという異常事態に!
【初回生産分】
初回限定スペシャル・プライス\1,980(税込)
バック・トゥ・ベッドラム(初回限定スペシャル・プライス)
ジェイムス・ブラント
ワーナーミュージック・ジャパン (2005/12/07)

posted by ROCK番長 at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 洋楽(男性ソロ)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。